PRE STORY ※マニュアルより引用


 それは人類が2本足で立てるようになるより、はるか昔、大昔のことでした。この地球からずっと離れた銀河系の反対側にわたしたちの星とよく似た星がありました。
 その星の上には、わたしたちと同じような文明が栄えていました。これはその星にあった王国でのお話である。

 この王国は地球でいえばアルプスの谷間にあるような小さな国でしたが、国民はキュウリ、ジャガイモ、ピーマン、ニンジンなどの野菜ばかりでした。
 いろいろな種類の野菜たちが集まって国を作っていたのです。この国では野菜同士みんな仲よく、野菜の品種差別制度というのはありません。ネギもダイコンもキャベツも毎日を楽しく暮らしていたのです。
 この国をサラダ王国といいます。王様はオニオンという、とてもよい人でした。オニオン王は多くの国民から慕われていました。
 オニオン王が国民に好かれるようになったのは、サラダ王国の国民をしばしば襲撃して野菜たちの恐怖の的であったヤオヤ族やノーミン族を征服して王国の平和を守りぬいたからです。
 いきなり現われて年頃の娘をさらって行くノーミン族や、サラダ王国の国民を外国に売りとばしてしまうヤオヤ族がいなくなったので、国民はとても喜んだのです。
 王様は名君として多くの国民から尊敬されていたのです。ところが、これを面白くないと考えているのがオニオン王の側近のひとりであるカボチャ族のパンプキング。
 パンプキングはいつか自分も王様になってやろうとしていたのですが、オニオン王の人気は高まるばかりなのです。
 パンプキングのいるカボチャ族は昔からあまり人気がありません。サラダ王国のファッション雑誌に紹介されるのはいつもカイワレダイコンやレタス、キュウリといった野菜ばかりで、スタイルの悪いカボチャは若い人にも嫌われ、デートに誘われることもありません。
 若い娘はデートをするならカイワレダイコンやレタスを選びました。「男は何たって顔ですよ」と娘たちは口々に言いました。
 顔もスタイルも悪いカボチャ族の人気は一向に上がろうとはしません。怒ったのは族長のパンプキングでした。
「顔がなんだ! スタイルが何だ! オレたちも同じ国民だぞ!」
 不満をつのらせていたカボチャ族の怒りが爆発する日が来ました。
 かれらは、ある日、オニオン王のいる王宮に押し入り、クーデターを決行したのです。カボチャ族の兵隊のヨロイはとても堅固だったので王宮の兵隊はみんな打ち負かされてしまいました。
「見よ!サラダ王国の夜明けだ!」クーデターに成功したパンプキングは叫びました。ついにカボチャ族の時代がやってきたのです。
 顔もスタイルも悪いため、長い年月コンプレックスにあえいでいたカボチャ族が、ついにサラダ王国の全権を握ったのでした。
 クーデターが成功するとパンプキングはカボチャ大王と名乗り、オニオン王をスープ・ド・オニオンの刑にし、オニオン王の娘を追放しました。
 サラダ王国に新しい時代が始まりました。カボチャ族は顔とスタイルの悪さで若い娘や青年とデートができずにいたので、天下をとるやいなや国民に仕返しを始めました。
 カボチャ大王は国民にとてもとても重い税金を課しました。税金はとても払えないほどたくさんありましたが、政府の取り立てはとてもきびしく、国民の生活はとても苦しいものになりました。
 国民の中には税金を払えずにカン詰め工場に身売りしたり、強盗をしたりするものが多くなりました。このような生活が続く中でカボチャ大王に対する反発が強まってきました。
 高い税金を取り立てながら、政府の役人は国民のために何もしようとせず、いつも遊んでばかりいましたから、反政府のグループがあちこちに生まれました。
 このグループはやがて団結して反乱軍が組織されました。そしてついにカボチャ大王の国王軍と反乱軍の間で内戦が起こりました。
 このとき、反乱軍の司令部は自分達のリーダーとしてオニオン王の娘であるトマト姫を迎えたのでした。
 トマト姫がリーダーになることによって、反乱軍への支持は一層高まりましたが、国王軍との戦いは、なかなか決着をみません。どちらも相手に決定的な打撃を与えることができないまま、戦線は膠着状態を続けるばかりです。
 この状態を打開するため、カボチャ大王はトマト姫の誘拐を思いつきました。
「反乱軍はすぐさま無条件降伏せよ! さもないとトマト姫は…イッヒッヒ…」カボチャ大王の通告が反乱軍司令部に届きました。トマト姫をまんまと捕えたカボチャ大王は、反乱軍を一気に壊滅させるため、姫のいのちとひき替えに全面降伏を迫ってきたのです。
 このため多くの反乱軍兵士がトマト姫の救出に向かいましたが、誰も姫を救け出すことはできません。
「生きているなら、声だけでも聞かせてほしい」という人々の願いも虚しく、姫は厳重に閉じこめられていました。
 このため反乱軍の降伏は時間の問題と思われました。
 そんなとき、諸国を旅するキュウリ戦士がこの国に立ち寄ったのです。事情を聞いた彼は反乱軍のためにトマト姫を救出することにしました。
 彼は姫が監禁されているカボチャ大王の城へとたった独りで向かいます。はたしてキュウリ戦士はトマト姫を救えるのでしょうか。政府軍はキュウリ戦士にトマト姫を奪い返されてしまうことになるのでしょうか?
 物語はクライマックスに向かっていきます。あなたはキュウリ戦士となってトマト姫を救出して下さい。

 このアドベンチャーゲームは、キュウリ戦士がこの国の入口に立っているところから始まります。

戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO